子育てって大変。でも楽しい

mamalife

妊娠出産 帝王切開

帝王切開の傷跡ケアにシリコンジェルシート「エフシート」を使いました

更新日:

二人目の帝王切開の傷跡ケアは、産院でおすすめされたシリコンジェルシート「エフシート」を使いました。実際にシリコンゲルシートを使ってみるとテープにはないメリットも発見。体験談でご紹介します。

 

エフシート(シリコンジェルシート)を退院後すぐ使用。

帝王切開の傷跡ケアは退院後すぐ開始。産院ですすめられていたジェルシートの中でも、楽天で取り扱いのあった富士薬品のエフシートを使いました。

パッケージを開けるとケースの中に2枚のシートが入っています。大きさはちょうど帝王切開の傷が隠れる位。シートを切る必要もありません。そのまま貼れたのは便利でした。

ふにゃふにゃで柔らかい手にとるとこんな感じです。ケースから取り出すときは粘着面がしっかりついているので付属のへらで取り出します。(手でとっても問題ない)

ケースがあるのが地味に便利でした。

エフシートかシカケアか

ちなみに、産院ではエフシートの他にシカケアもおすすめされていました。

ただ、シカケアはジェルシートの大きさが大きい。自分の傷の大きさに合わせて切る必要があるようなで、面倒な私はエフシートを選びました。口コミもエフシートの方が多かったです。

痛みが軽減したのは嬉しい。テープかぶれもない

シリコンジェルシートを実際に使ってみて一番気に入ったのは、「痛みがましになる」ということ。

貼っていない時より貼っている時の方が痛みがマシでした。ジェルシートが傷が引っ張れるのを軽減してくれているのかな?ひんやりした感触もよかったのかも。

詳しい理由はわかりませんが、テープでケアした一人目のときより産後の傷の痛みは感じませんでした。

あとはお肌への負担も少なそう。テープを貼り替えするときは肌への刺激でチクチクする日もありましたが、エフシートの場合はチクチクもなく、かぶれとは無縁でした。

貼り付けが簡単でコスパも悪くない

他にテープに比べてジェルシートは「貼り替え・貼り付けが簡単」。

定番のテープで傷跡ケアをする場合、傷跡に垂直に、テープ同士が重なるように何十枚もテープを貼り付けます。毎日ではないですが、何枚もテープを剥がして貼り付けるのは結構面倒。

その点、ジェルシートは1枚でそのままペタッと貼るだけ。はがす時もそのままびろーんとはがすだけなので簡単。お手入れも、お風呂に入るときに剥がして一緒に洗えば、髪を乾かしている間に乾きます。

2枚でこの値段はちょっと高いかなと思ったのですが、何度も洗って繰り返し使得ることを考えるとコスパも悪くありません。

シリコンジェルシートは剥がれやすい

ただ、デメリットもあり。それは「剥がれやすい」こと。

産後1ヶ月までは意識して動かないようにしていたのであまり気になりませんでしたが、がっつり家事をし出すとすぐはがれる。ねちゃっと粘着面同士がくっつくので貼り直しも面倒。剥がれやすい場合は、テープを貼ったりガードルで押さえておくなど工夫が必要です。

 

傷跡ケアにシリコンジェルシート使ってよかった

やや剥がれやすいというデメリットがあるものの、貼り替えが楽で痛みも軽減してくれるシリコンジェルシートは産後かなり助けられました。

テープかぶれがある人はシリコンジェルシート一択になりそう。あまり動かない産後1ヶ月だけでもジェルシートを使うとかなり快適に過ごせます。

富士薬品 エフシート 2.5cm×15cm 2シート入り
富士薬品

 

-妊娠出産, 帝王切開

Copyright© mamalife , 2019 All Rights Reserved.