子育てって大変。でも楽しい

mamalife

イベント

大阪天の川伝説2019屋台の場所は?おすすめ観覧場所とチケット

投稿日:

天の川伝説の屋台と穴場の観覧場所

大阪(天満橋)で七夕に開催されている天の川伝説の屋台の場所や穴場の観覧場所、チケットの情報をまとめました。

花火大会より混んでないし、とっても素敵なイベントでした。

インスタ映えする写真も撮れます♪

天の川伝説2019は七夕に行われる人気イベント

天の川伝説は七夕に天満橋〜中之島あたりで行われている人気イベント。

大阪市中を西流する大川は、かつては「天満川」とも呼ばれ、その川面に満天の星を映す様子は“地上の天の川”のようでした。まさに「天満ちる川」だったのです。そして、大川右岸にあった「明星池」「七夕池」「星合池」の名は、この辺りが七夕の夜に星辰崇拝を行ったことを伝えています。 

そんな大川に七夕の夜、人々が願いを託した、LEDを光源とする光の球『いのり星®』を一斉に川面に流し、再び大川を“天の川”にするのが『令和OSAKA天の川伝説』なのです。
引用:OSAKA天の川伝説

川にLEDのボールを流して一夜限りの天の川を作ります。

イベント名が厨二感ありますが、インスタ映えする素敵なイベントです

タイムスケジュール

  • 有料エリア開放18時〜
  • いのり星放流19時20分〜

天満橋駅付近ではクラシックコンサートやバルも開催されていて、かなり賑わっていました。

意外と少ない!屋台がある場所一覧(マップ)

お祭りといえば屋台!ですが、早めに行って会場近くを回っても屋台がありません。

2019年は決まった場所のみの出店で、天神橋付近と南天満公園の交番近くにある天の川メインストリートの2箇所のみでした。

会場が広いのに屋台の数が少なかったので、かなり混雑(特に天神橋側会場)していました。

正直公式サイトに書かれている場所以外にも屋台があるものだと思っていたので、正直がっかり。

(規制が厳しいのかも)

近くの大阪天満宮には屋台があったとか。

距離も近いので、同日ならこちらに寄ってもよさそうです。

いのり星の放流をしたい人はチケット購入を

イベントの観覧は無料ですが、チケットを購入すると、いのり星というLEDの光を自分で川に放流することができます。

 

チケットは各種プレイガイドで販売

販売場所

会場付近では当日券も販売されてました。

2019年はチケットを購入した人限定で高い場所から鑑賞できるようにOMMビルに入ることができました。
鑑賞のためにチケットを購入するのもおすすめ。

天の川伝説、おすすめの観覧場所(穴場)

アクセスの良い天満橋駅周辺は混み合います。
待ち合わせの人や屋台を利用する人でかなり混雑します。

ただ、みられるエリアが広いこともあって、穴場は多め。
混雑が少なく、おすすめの鑑賞場所をいくつか紹介します。

南天満公園

ゆっくり鑑賞したいなら南天満公園がおすすめ。

天満橋駅や北浜駅とは反対側にある公園ですが、普通に天満橋側と同じように川辺なので、イルミネーションがしっかり見えます。

イベントが始まっても全く混雑せず(川辺の柵のあたりは流石に埋まりしたが)ゆったり観覧できました。

公園内には屋台はなく、近くに飲食店も少ないのは難点。
レジャーシートを敷いてコンビニや遠くの屋台で買った食材を食べている人が多かったです。

大阪天の川伝説

こちらが南天満公園で見たときの写真。
(対岸にかなり人がいるのわかると思います)

公園内では場所取りをしなくても、川沿いの1列目か2列目で見られました。

ちなみに天神橋の下あたりには普通に遊具があり、イルミネーションに飽きた子どもたちが遊んでいました。
(写真の右のあたりが公園です)

天満橋の会場とは反対側の歩道(止まって見るのは禁止)

基本的に橋で立ち止まって見るのは禁止。
それでもちょっと止まって写真撮影している人も多く、橋の上は動けないくらい混雑します。

ただ、天満橋の天神橋方面とは反対側の歩道は穴場かも。
(指でさしている場所)

天神橋側はかなり混雑していましたが、反対側は人もまばらでスムーズに通れるし、立ち止まって鑑賞している方も数人いらっしゃいました。

地図上では全くいのり星が見えない感じになっていますが、ちらっとみれます。

同じ橋ですがどちら側の歩道を歩くかで全然違うので、南天満公園から天満橋駅側に戻ってくるときも天満橋の天神橋とは反対側の歩道から戻ってくることをおすすめします。

一夜限りの幻想的な景色が楽しめます。

天の川伝説は天神花火ほど知名度はないですが、ゆったり鑑賞できるエリアも多く素敵なイベントです。

混雑を避けてもメインのイルミネーションがバッチリ見えるので子連れにも優しいイベント

無料でも十分楽しめるので是非会場に足を運んでみてくださいね。

-イベント

Copyright© mamalife , 2019 All Rights Reserved.