子育てって大変。でも楽しい

mamalife

お出かけ

プチママンとプチママンミニならどっちにする?試乗してみました

更新日:

子乗せ自転車のプチママン

子乗せ三人乗り自転車、プチママン26インチとプチママンミニ20インチを比較。
実際に乗り比べてみました。

  • タイヤの大きさで迷っている
  • 前乗せ座席がもともとついているタイプか後付けタイプか迷っている

という方も参考にしてください。

三人乗り自転車は選択肢が少ない!

自転車屋さんに行ったのですが、三人乗り適合自転車って本当に少ないです。

我が家は電動自転車以外で考えていたので、しっかりした前乗せ座席がついているプチママンか、前後に子どもを乗せても荷物カゴが使えるプチママンミニ。
どちらかを検討することに。

プチママンシリーズを選んだ理由

子乗せ自転車のプチママン

いくつか種類がありましたが、自転車でまっすぐ走行するのが苦手なことを店員さんに伝えると「プチママンシリーズ」をおすすめされました。

プチママン(petit maman)シリーズは他の自転車に比べて、車輪の幅が広いので、走行が安定するのだとか。

ふらつきにくい自転車を探している人は、プチママンのようにタイヤの幅が広い自転車を選ぶのがおすすめ。

プチママンとプチママンミニの違い

二つの違いを簡単に説明します。

車輪の大きさが違う

一番大きな違いは車輪の大きさ。

プチママンは26インチ、プチママンミニは20インチです。車輪が小さいと、進みやすさの性能が落ちる気がしていたのですが、店員さんによると長距離でなければほとんど変わらないとのこと。

前乗せ座席がついているか、後付けか

前のせ座席がついているかどうかも違います。

26インチの方は、もともと前乗せ座席つき、20インチはついていないので後付けです。

試乗してみると、全然違う

実際に駐車場で試乗してみたのですが、乗り心地は結構違いました。

まず最初に乗ったのはプチママンミニ。子乗せシートをつけなければ、普通に安定走行できる自転車。

ただ、プチママンミニの前乗せ座席位置はハンドルの後ろあたり。
座席をつけると、漕いでいて膝が当たりそうになります。165cmくらいあるとかなり狭い。
視界もちょっと悪いです。

自転車をこいでいて、子乗せ座席にひざが当たるのはかなり不便。毎回当たるわけでもなく、こげないというほどでもないですが、走りにくかったです。
(ガニ股で漕いで乗り切るママも結構多いみたい)

ただ、プチママンミニは車輪が小さい分、子乗せシートの位置が低いのがメリット。実際に娘(15kg)を乗せてみるとかなり楽でした。小学校入るまで乗せるなら、乗せやすさはかなり大切!

次に乗ったのはプチママン。もともと、前かご部分が子乗せシートになっているので、スペースは普通の自転車と同じ感じ。車輪が大きい分、安定性が心配でしたが、特に違いは感じず。

膝が当たらないし、圧迫感なし。快適です。

ただ、子乗せシートの位置が高いのがネック。ここまで高いと子どもが自分でも乗れないし、持ち上げるにも重たい…

結論。プチママンミニのもともと子乗せシートつきがあればベスト

結論としては、子供の乗せやすさと、前乗せ座席の位置のどちらを取るかで決めたら良さそう。

身長が高くない(150cm台)なら、前乗せ座席にひざがあたることはなさそうなので、子どもが乗せやすいプチママンミニがおすすめ。

160cm以上あるひと(165cm以上は特に)は前乗せ座席を装着して走るとたまに膝が当たる可能性大。プチママンミニは厳しいです。

楽天で探してみたら、タイヤが小さくて、もともと子乗せシートがついているタイプを発見。(しかもちょっとおしゃれ)こちらの方が良さそうです。

 

-お出かけ

Copyright© mamalife , 2019 All Rights Reserved.