子育てって大変。でも楽しい

mamalife

育児グッズ

電動鼻水吸引器メルシーポットのレビュー。耳鼻科に行く回数が減りました

更新日:

2歳の娘に電動鼻水吸引器「メルシーポット」S503を使ってみたレビューです。手動式に比べると、値段は高かったですが満足です。

実際に使ってみたメリットやデメリット(値段以外にもあります)を正直に書きました。

もっと早く買っておいたらよかった・・・

娘が鼻水を取らせてくれない!

長女は鼻水から風邪を引くタイプ。今までは手動鼻水吸引機(ストローみたいに吸うタイプ)のものを使っていましたが、娘は嫌がってなかなか取らせてくれない。

中耳炎になりやすいので、まめに耳鼻科に通っていました。夜中喉に鼻水が落ちて寝苦しそうなことも多く、思い切って電動鼻水吸引器を買いました。

created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2019/08/21 12:15:18時点 Amazon調べ-詳細)

メルシーポットのレビュー。手動吸引機との違い

メルシーポットを使ってみたレビューです。今までは手動のものを使っていたので比較しながらレビューしています。

使い方は、電源ボタンを入れて鼻に当てるだけ。チューブに鼻が詰まるのを防ぐため、前後に水を吸わせるのが手動の鼻水吸引器との違いです。

赤ちゃんのイラストが気に入ったらしく、思ったより嫌がらずに吸わせてくれました。

○思ったより吸引力が強い

吸引力はまずまず。自分の鼻でも試してみましたが、奥の方に落ちたネバつきのある鼻は取れませんした。ただ、耳鼻科ほどは取れないですが、手動のものよりかなり取れている感触。

こまめに取れるので風邪の治りが早いです。取れやすい角度があるので、慣れるまで調整が必要。慣れれば、さらさらの鼻水は奥まで気持ちよく取れます。

ただ、ネバつきのある鼻水はそのままではなかなか取れません。「ベビちゃんクリップ」という吸引力をためておける部品が活躍。ググーッと押してから手を離すと一気にずずっと取れます。

○嫌がらずに吸わせてくれる

娘の場合ですが、大人しく鼻水を吸わせてくれることが増えました。赤ちゃんのイラストが気に入ったらしく、「赤ちゃんの鼻吸うやつしよう」というと、「いいよー」と近寄ってきてくれます。

鼻水が取れたのが気持ちよかったのか、自分で鼻にノズルを入れて鼻水を取ろうとするときもあります。

手動の鼻水吸引器では自分から鼻水吸ってほしいと言ってくれることがなかったので、かなり助かりました。

○風邪がうつらないのも良い

メルシーポットにした意外なメリットは風邪をうつされなくなった事。手動の時は思いっきり吸い込むので風邪をひきそうになっていました。頻繁に鼻を吸うとうがいをするのを忘れてしまうこともあったのでよかったです。

○メルシーポットのお手入れは部品を洗うだけで簡単。

我が家では、お手入れ方法は基本的に洗剤で洗うだけなので難しくありません。手動の鼻水吸引器よりパーツが大きいので洗いやすかったです。

鼻がずびずびで1日に何度も使う時は、鼻につく部分とカップだけを洗っていました。

×毎回消毒したい人はかなり面倒

メルシーポットは塩素消毒が可能です。ミルトンにつければいいのですが、ミルク育児が終わっている人はそのためだけに作るのも面倒。毎回消毒したい人はかなり面倒だと思います。

×持ち運びと準備が面倒

メルシーポットを使う時は電源も水も必要。重量もあるので持ち運ぶのが面倒です。

手動の鼻水吸引器は夜、ベッドの横に置いて使用することがありました。メルシーポットの場合、寝室に置きっ放しというわけにはいきません。夜中に使う時は不便でした。

鼻水を吸いたいと思ってから組み立てて、水を準備して、電源に繋いで・・・と準備に時間がかかるというのもデメリットです。

鼻水がよく出る我が子は必須でした

「手動の方が手軽でいい」という口コミもみていたので少し不安でしたが、吸引力もしっかりあって便利。何より娘が鼻水を吸うのをあまり嫌がらないので、鼻水が出てもあまり悪化しない。夜の咳き込みも風邪も減ったので、耳鼻科に行く回数が減りました。

電動鼻水吸引器を買ってからは手動の鼻水吸引器は使うことがなくなりました。組み立ての手間を考えてもやっぱり買ってよかったです。

created by Rinker
ベビースマイル
¥11,880 (2019/08/21 12:15:19時点 Amazon調べ-詳細)

-育児グッズ

Copyright© mamalife , 2019 All Rights Reserved.