子育てって大変。でも楽しい

mamalife

イベント

キッズ時計。ボードの作り方と簡単に作る方法

更新日:

キッズ時計に参加する時に使う「ボード」自分で準備する必要があります。「どうやって作るの?」「大賞に選ばれるためには?」と思っているママに向けて、ボードの使い方をご紹介しています。

「時間がないし、作るのが難しそう・・・」と思っているママに向けて簡単に作れる方法も紹介しちゃいます。

ボード作成不要の撮影会もおすすめ

キッズ時計はボードの作成が必要ですが、「ボード作ったりするのはハードルが高い」と言う人にはボード作成不要の撮影会もおすすめ。

Fammというフォトブック作成サービスをしているところが全国で無料撮影会してます。
日程の指定可能&データも10カット以上なので結構いい感じです♪

キッズ時計のボードの作り方の基本

キッズ時計のボードを作る時に必要な材料

  • 黒のB4画用紙
  • 画用紙や毛糸などデコレーション用のもの

画用紙の色とサイズは指定がありますが、デコレーションの材料は何を使っても大丈夫です。

作るボードは2種類。

  • 時計ボード
  • メッセージボード

https://www.kids-tokei.com/howto/

必要なボードはHPの応募要綱に書いてあります。2種類とも用意しなければいけない場合もありますし、企画によってはどちらか1種類の場合もあります。

キッズ時計ボードの作り方と作品例

では、それぞれのボードの作り方を見ていきましょう。

時計ボードの作り方

時計ボードとは、こんな風に時間が書いてあるボードのことです。

時刻を書く

合格メールがきた時に、キッズ時計からボードの時刻について指定されます。指定された時刻をボードに書きましょう。

時計ボードは時刻がメインになるので大きく書きます。

黒い画用紙はペンで文字が書きにくいので画用紙を使うと簡単です。ペンを使う場合はポスカがおすすめ。

名前を書く

名前を書きます。読みやすいし、作りやすいのでひらがなで書いているボードが多いです。

デコレーション

時刻と名前が書けたらボードをデコレーションしていきます。

メッセージボードの作り方

メッセージボードはこんな風にメッセージが書かれたボードです。

飛び出すトーマスの飾りがおしゃれですね。

メッセージを書く

ボードにメッセージを書きます。メッセージはお子さんと決めてもいいですし、ママやパパが考えてもいいですね。

メッセージの例
「感謝」「ママいつもありがとう」「ずっと仲良し」「モデルになりたい」など

キャレクターコラボの企画だと、キャラクターに向けてのメッセージが書いてあるボードもよく見ます。

名前を書く

名前ボードをメッセージボードも時計ボードと同じく名前を書きます。

デコレーション

メッセージと名前がかけたらデコレーションします。

ボードを作るときのポイント

ボードを作る時に押さえておきたいポイントは一つだけ。それは

文字を大きくはっきりと書く」こと。

撮影する時はボードはかなり遠くから撮影されることもあります。ボードを作る時は近くで見ながら作るのでわかりにくいですが、できるだけ大きくはっきり、遠くから見てもわかりやすいボードを作るように心がけましょう。

大きくはっきり作れていればあとは自由です。

ボードを簡単に作るためのポイント

「自由に」と言われてもアイデアを考えるのはなかなか難しいもの。ここでは簡単にボードを作るためのアイデアをご紹介します。

大胆に手書きでもOK

しっかり大きく書けば手書きでも問題ありません。過去にペンだけで書かれたボードが大賞に選ばれたこともあります。

ペンで書く場合はポスカなど、黒い画用紙でもしっかり発色するペンを使ってくださいね。

テンプレートを利用すると簡単

「文字やイラストを書くのが苦手」という方はテンプレートを使って仕上げるのがおすすめ。そのまま印刷して貼り付けるのが一番簡単。

型抜き用のテンプレートもあるので、画用紙に転写して切り抜くのもおすすめ。(無料で使えるテンプレートが色々あります)

参考アルファベット型抜き用無料テンプレート

参考わんパグ|フリーイラスト

ボード大賞に選ばれるためのポイント

さらに、ボード大賞に選ばれるためのポイントを考えてみました。

  • テーマに合ったボード
  • 衣装との相性も考えられている
  • 毛糸などの素材を使って独自性

ボード大賞に選ばれた歴代のボードを見ると、テーマとお子さんの衣装に合っているとボードがほとんど。他の人とかぶらないようなアイデアのボードが大賞に選ばれている印象です。

(ボード大賞に選ばれているボードの例)

ボードを作る時にやっちゃいけない例

ボードを作る時にやっちゃいけない、注意したい例を挙げます。公式サイトで書かれている内容を中心に書いています。

パステルカラーはNG

公式サイトでも書かれていますが、パステルカラーの使用は不可です。屋外で撮影することが多いので、太陽光が当たって白く飛んでしまうからというのが理由です。

ツルツルの素材はNG

パステルカラーと同じような理由で、ツルツルの素材も使えません。反射して写真がきれいに写らないことがあるようです。セロハンテープも避けたほうが良さそうですね。

企画と関係ないキャラクターものはNG

企画と関係のないキャラクターは著作権などの関係からボードに使えません。(キッズ時計で公開されますしね)

子供の好きなキャラクターを使ってボードを作ってあげたいところですが、注意が必要ですね。

クレヨンやチョークも注意

クレヨンやチョークは粉が飛散するので、使わない方が良さそうです。撮影中にボードを直接お子さんが持つこともあります。

キッズ時計は家族のイベント。ボードは楽しみながら作って

キッズ時計は家族の楽しいイベントです。ボードを作るのは大変ですが、後からできた写真をみるといい思い出になります。お子さんが大きくなってきたら一緒に作るのもいいですね。楽しみながら作って撮影当日に備えましょう。

 

-イベント

Copyright© mamalife , 2019 All Rights Reserved.